スマートホームプラットフォーム「SpaceCore」の一部機能を
不動産事業者のリモートワーク支援として無償提供
〜 不動産会社と物件入居者のコミュニケーションツールを期間限定で 〜

当社は、2020年4月1日〜2020年6月30日まで、当社が不動産事業者向けに提供するスマートライフプラットフォーム「SpaceCore(スペース・コア)」の一部機能を不動産業界の企業へ向けて無償提供することをお知らせします。
在宅勤務の実施や、導入を検討されている不動産事業者に、入居者とのコミュニケーションに支障なく、且つ、安心して業務を継続できるよう支援します。

◆SpaceCoreとは
SpaceCoreは、2019年8月より提供を開始した、不動産会社やハウスメーカー等の不動産事業者と入居者のためのスマートライフプラットフォームです。物件にIoT製品を設置し、専用アプリでさまざまな家電製品や設備が遠隔操作可能になる「スマートホーム機能」、物件のオーナーや入居者との契約事やさまざまなお知らせ、日々のコミュニケーションが円滑におこなえる「リレーション機能」、住んでいる地域に関するさまざまな生活サービスを入居者に発信できる「生活サービス機能」を備えています。これらの機能を一元化し、不動産会社と入居者の双方が活用できるクラウドサービスおよびアプリとして提供しています。

◆SpaceCore一部機能の無償提供について
SpaceCoreの機能の一つである、物件のオーナーや入居者との契約事やさまざまなお知らせ、日々のコミュニケーションが円滑におこなえる「リレーション機能」を不動産事業者に対し、2020年4月1日〜2020年6月30日まで無償提供します。

◆無償提供の背景について
新型コロナウィルス感染防止のため、交通機関での移動や対面での対応を自粛していたり、在宅勤務により、入居者や物件オーナーとのコミュニケーションに課題を感じていたりする不動産事業者が多いことが推測されます。今回の無償提供が、これらの課題解決の役に立つことができればと考えております

◆SpaceCore「リレーション機能」無償提供の詳細
提供期間:2020年4月1日から2020年6月30日
対象企業:「SpaceCore」を新規で契約する不動産事業者
申込先 :https://space-core.jp/?page_id=1199